えがお署名&教育全国署名の取り組み交流

(2018/08/31)ゆきとどいた教育をすすめる北海道連絡会ニュース NO.9 自治体訪問特集2 :高校編

○南幌町を訪問(7月17日)

 小笠原教育長さん

「……小規模校の魅力も十分

 にある。機械的な間口減は

 納得がいかない」

○大空町を訪問(8月9日)

 佐薙生涯学習課長さん

「……寮などを活用し、全国か

 ら募集。基本は地域の子ど

 もたちの高校をつくりた

 い。…」

○深川市を訪問(8月9日)

早川雅典教育長さん

「…道教委は、生徒が減ったか

 ら間口を減らすのではな

 く、広域性に留意し、長い

 スパンの見通しの中、将来

 設計を示すべき…」

 

ゆきとどいた教育ニュース2018年 no9.pdf
PDFファイル 347.3 KB

○名寄市を訪問(8月23日)

 河合信士教育部長、新井昭典教育課長

「……将来的に統合は避けて通れないと判断した。名寄市内は今後も少

 子化がどんどん進んでいく状況で統合はやむを得ない。市としては先

 手を打って統合の要望をあげることにした…」


(2018/08/29)ゆきとどいた教育をすすめる北海道連絡会ニュース NO.8 自治体訪問特集1

○旭川市教委を訪問

野崎教育部長さん

「……平成27年から小学校3・4年生に少人数学級を

 実施しています。学校長廃合問題は、地域との話

 し合いをもって考える。地域との合意が必要。…

 働き方改善のため、市としてもプランをつくって

 いこうとしています…」

○苫小牧市教委を訪問

諏訪野幸夫教育長さん

「教職員は、朝の交通安全指導の短時間の割り振り

 変更でも面倒くさがらず申請してとるようにして

 ほしい。他の町と同じで、毎年100人以上の児童

 生徒が減少しています。耐震化は何とか93%まで

 来ました」

○釧路市教委を訪問

岡部義孝教育長さん

「都士教委連でも教育条件整備の要望を話し合って

 います。教育には時間がかかり、最後は人が社会

 をつくる。…課題はどこにあるのか現場からあげ

 てもらい、更に改善策をつくりたい……」

 

ゆきとどいた教育ニュース2018年 no8.pdf
PDFファイル 353.0 KB

(2018/07/22)「ゆきとどいた教育をすすめる北海道・東北集会」で、スタート

 7月22日、「ゆきとどいた教育をすすめる北海道・東北集会」が開催され、北海道各地から、そして東北3県から合わせて41名が参加しました。

 高教組の尾張委員長から開会あいさつがあり、「今年の集会は、北・東北ブロックの高校生の修学保障問題も含め、本日の集会として開催します」との趣旨説明がありました。

 最初、「ゆきとどいた教育をすすめる北海道連絡会」の総会がありました。新保事

務局長から2017年度の活動報告や署名集約数の報告があり今年度は、必要に応じて自治体訪問すること、えがお署名の集約で約6400筆になったこと、教育全国署名8万筆を目標に12月1日までとりくむこと等、2018年のとりくみ方針が提案され、承認されました

 そのあと、全教の波岡執行委員から教財関係の情勢報告があり、文科省予算の教員定数について資料を使い、詳しい説明がありました。

ゆきとどいた教育ニュース2018年 no6.pdf
PDFファイル 604.9 KB

2018年の「ゆきとどいた教育をすすめる『教育全国署名』」がいよいよスタート

 <取り組みの主な内容>

 

○ 教育全国署名運動期間  

  ⇒7月~121

 

○ 署名目標

  道教組関係……3万筆

 

○ 取り組みについて     

・署名活動を教育運動に広げ、

 保護者、地域住民と対話・署名

 に取り組みましょう

・高教組及び諸団体・個人と

 連携し、各地でのスタート集会を開催し、街頭宣伝にもとりくみましょう。

 

組合員は、一人あたり30筆以上を目標に取り組みましょう。5ヶ月間と長い期間の取り組みになります。総意・工夫しながら進めましょう。

2018年度子どもたちにゆきとどいた教育を求める請願署名
DOC180712-20180712144425.pdf
PDFファイル 3.1 MB

(2018/07/04)「えがお署名推進ニュース」NO.5<全国>


(2018/04/18)「えがお署名推進ニュース」NO.1<全国>

(2018/04/01)「ゆきとどいた教育を進める北海道連絡会ニュース」NO.1

訪 問 者

カウンター カウンター
全教共済 民主教育研究所
子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター
教育子育て 九条の会
九条の会