道教組NEWS(2018年度)

(2018/05/08)さっぽろ大通公園で「えがお署名」の街頭宣伝署名行動を行いました

 5月8日、 札幌 の大通公園で「ゆきとどいた教育をすすめる北海道連絡会」による「えがお 署名」の街頭・ 宣伝行動を行い、道高教組・ 道教組・新婦人から10 名が参加 しました。

 買い物の札幌市民だけでなく、昼食に出かけるサラリーマン、観光客・修学旅行生も多く、リレートーク で40分間宣伝し、53 筆の署名が集まりました。

 冬の長い北海道も、外で宣伝できる暖かな季節になってきました。今後各地で、街頭宣伝・署名行動を 展開していきましょう 。

(2018/05/01) 第89回メーデーが全道各地で行われました

檜山管内では、2カ所110名の参加で行われました

<桧山北部=せたな集会>

   

 参加者21名で例年通り北部3町を車パレードしました。渡島信金労組の中原さんに連帯のあいさつをいただきました。安倍政権五年間の政策に抗議の声をあげました。

 

<桧山南部=江差地区集会>

 

 参加12団体と個人で90人。江差茂尻児童公園で集会。実行委員長の大石準さん(桧山教組江差支部書記長)が主催者挨拶し、教育現場の過酷な働き方を告発(挨拶文別添)。年金者組合桧山支部、新婦人の会江差支部、全北海道退職教職員の会桧山支部、道南勤労者医療協会江差診療所、日本共産党江差町委員会の5団体がトーク、各分野の現状や取り組みを交流。集会宣言を採択し、デモ行進へ。

 江差町市街地と観光スポットの「いにしえ街道」を行進。「9条改憲反対」「子どもと教育を守ろう」「生活と生業を守ろう」などとシュプレヒコールをあげて、町民に訴えました。家から沿道に出てきて歓迎してくれる方もいました。1時間ほどで終着点の小公園に到着。デコレーションコンクールの発表で盛り上がりました。第1位は、大蛸に絡め取られた「隠ぺい」「改ざん」「ねつ造」「圧力」「セクハラ」を仕立て上げた超大型のプラカード、道退教と年金者組合の合作。

清末さんの憲法講座から始まった室蘭のメーデー

根室のメーデー

札幌では、3000名が集まりました(主催者発表)

稚内のメーデーパレード

釧路メーデー前日交流会

釧路でのメーデー当日

夕張でのメーデー


(2018/04/05)斎藤鉄也書記長が、着任しました

子どもたち・保護者・地域の皆さんに熱く感動的に送り出していただきました

 4月から専従生活がスタートしました。

 現場を離れることは、とても大きな決断でした。現場を離れる決意を固めてからの1年半は、子どもと関わる全てのことが、これまで以上にかけがえのない貴重なものに感じられました。田舎の小さな学校でしたから、3月の離任式以降は、子どもも保護者も地域もとても温かく熱く感動的に送り出してくださり、枕を濡らす日々が続きました。専従になるという決断が、世界の見方を変え、密度の濃い日々を経験できたのだと思います。

 専従を経験した諸先輩方は、専従を経験してよかったと言います。世界の見方が広がって、教師としての成長にもつながったと、だからぜひ専従になるべきだと励まされました。今、学校では子どもも教師も悲鳴を上げ、解決しなければならないたくさんの問題があります。書記長の重責に力量不足も自覚していますが、自ら状況を作り出す主体としての意識を持ってがんばります。

訪 問 者

カウンター カウンター
全教共済 民主教育研究所
子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター
教育子育て 九条の会
九条の会